専門学校でも保育士の資格を得ることができるか

保育士になりたいと考えた時、どのようにしたらよいのか悩むことがあります。
保育士は国家資格のため国家試験に合格するか、養成する施設を卒業する必要があります。


保育士を養成する施設は短期大学や大学、専門学校があり、高校卒業程度の学力が必要となります。


さらに専門学校には、厚生労働省から指定を受けている学校と、短期大学での学習を併修する必要がある併修校とがあります。多くの専門学校は指定を受けていますが、中には併修校のように厚生労働大臣の指定を受けていないところもあります。

納得の保育士の専門学校の最新情報を掲載しました。

併修校では、通信学習の他にスクーリングを受け、併修校の単位もとる必要があります。


また、専門学校では2年制と3年制とがあります。
2年制では保育士の資格のみ取得できますが、3年制ではこの他に幼稚園教諭の免許も得ることができるところが多いです。

最近何かと話題の朝日新聞デジタル情報について考えます。

近年では認定こども園も増えてきており、両方の資格を持っていた方が就職に有利になることがあるので、できれば3年制を選んだ方が良いでしょう。
なお、幼稚園教諭の資格を持っている場合、保育士の国家資格試験での科目免除があります。



専門学校で幼稚園教諭の免許のみ取得できる場合は、改めて国家資格試験を受験しても良いでしょう。
また、夜間課程を設けている学校もあります。
この場合働きながら通うことができるので、独学で勉強をするよりもわからないことはその場で聞くことができ、より保育に関しての理解を深めることができます。