専門学校で保育士の資格を取得する

ここ数年、幼稚園や保育園不足による子育て問題がよく取り上げられています。


一つの原因は保育士の不足ということですから、キャリアチェンジを考えている人にとっては需要があるということで、選択肢になるかもしれません。

また、社会問題に取り組みたいと思っている人が保育士を目指すこともあるでしょう。また、子ども好きの人、特に女性にとっては憧れの職業でもあります。

保育士になるには指定の養成施設を卒業するか国家試験をパスするかのどちらかになります。

保育士の専門学校の喜びの声を頂いています。

養成施設は大学や短大、専門学校です。


違いは、専門学校の場合、大学や短大で履修しなければならない一般教養などの保育に関係しない科目を勉強しないということです。メリットは早く卒業して働きはじめられることですが、それがデメリットになる場合もあります。


大学だと、保育士の勉強をしている間に「やはり自分には向かないかも」と思った場合、他の学部に移るなどの方向転換が可能だからです。


専門学校は2年制が一般的です。

産経ニュース関する情報選びといえばこちらのサイトです。

3年制のところだと、たいていは幼稚園教諭の資格も取得できます。

また、専門学校には指定校と併修校があります。
併修校は入学した学校の他に指定された短大の授業も受けなかればなりません。これには別途費用がかかります。
入学前に指定校か併修校か注意して見る必要があります。
2年で現場で必要な知識と技術を習得しなければなりませんから、勉強は忙しいです。



ですが、自分が学んだことを活かして未来を担う子ども達のお世話ができる喜びは大きいでしょう。